HOME ⇒ メタボについて ⇒ メタボとの付き合い方(運動編)

メタボとの付き合い方(運動編)

メタボリックの原因と1つとして、運動不足があげられます。優先順位を上げて、運動に取り組むことをおすすめします。運動の種類は有酸素運動と無酸素運動の2種類に分けられます。どのような効果があるのかを知ることもメタボリック脱出への近道です。


有酸素運動と無酸素運動について

《有酸素運動》
有酸素運動とは、「十分に長い時間をかけて呼吸・循環器系機能を刺激し、身体内部に有益な効果を生み出すことのできる運動」と定義され、主に酸素を消費する方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動をいいます。

有酸素運動は、ウォーキングやジョギングやサイクリング、エアロビクスや水泳など、酸素を取り入れながら体内の糖質や脂質を消費します。

有酸素運動は、血中の糖質と筋肉内のグルコースを主なエネルギー源として消費していきます。そして、血中の糖質や筋肉内のグルコースが減ってくると、今度は肝臓に蓄えられているグリコーゲンや体内に蓄積してある内臓脂肪や皮下脂肪を分解してエネルギー源として使用します。

有酸素運動を長時間続けると、脂肪を燃焼する効果が高まり、結果、体脂肪を減少させることができるのです。(よく有酸素運動は20分以上続けないと効果が薄い、なんてことが言われていますが、この所以にあると思われます。)

体脂肪減少の効果以外にも、呼吸筋を発達させ、呼吸をスムーズにする作用があったり、血圧を低下させる作用があります。

有酸素運動は続けて行うことにより、その効果は絶大です。

《無酸素運動》
無酸素運動とは、「酸素を消費しない方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動」をいいます。運動中に呼吸をしないという意味ではなく、有酸素運動と違い、糖質が酸素を使わずに消費されます。

短距離走や筋トレ、加圧トレーニングなどが無酸素運動に該当します。

筋トレなどの筋肉に負荷をかけると、筋肉痛になったり、疲労感がどっとでたりします。これは、無酸素運動を行った証拠でもあり、エネルギーの産生で乳酸が作られ、筋肉の収縮が起こりにくくなる事が原因です。(乳酸が直接の原因ではなく、筋線維への微細な損傷が筋肉痛の主な原因であると考えられています。)

よく乳酸は筋肉痛の悪産物などと言われたりしていますが、乳酸は成長ホルモンの分泌を促してくれるすばらしい産物なのです。成長ホルモンは、代謝を高め、アンチエイジング効果の高いホルモンであるといわれています。

そして、何より無酸素運動で筋肉をつけていくことにより、基礎代謝量が増え、痩せやすい体作りができていくのです。

有酸素運動と無酸素運動の両方をうまく取り入れて、健康な体作りを目指しましょう。