HOME ⇒ メタボについて ⇒ メタボリックを放置すると

メタボリックを放置すると

メタボリックを放置しておくと、どのような弊害が起こるのでしょうか?

動脈硬化を促進させ心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などを引き起こす可能性が高まります。メタボリックに該当する方はまず、今の状態を改善する事が重要です。病気になってしまってからでは遅いのです。

まずは、病気の恐ろしさを知っておくのも改善への一歩です。


糖尿病について

現在日本では、5人に1人が糖尿病であると言われています。厚生労働省の発表では、全国に2,210万人いると推定されています。しかも、糖尿病が疑われる人の約4割の人ははほとんど治療を受けたことがないのだそうです。

糖尿病を放置すると、以下のような合併症を引き起こしやすくなると言われています。

糖尿病神経障害 手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないなどの症状がでます。そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツなど、さまざまな自律神経障害の症状がでます。
糖尿病網膜症 目の底にある網膜という部分の血管が悪くなり、視力が弱まります。
糖尿病腎症 尿を作る腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなり、徐々に尿が作れなくなります。週に2~3回、病院などで透析を受ける必要があるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症なのだそうです。

糖尿病は、大きく分けて1型糖尿病と2型糖尿病に分かれます。(その他、妊婦糖尿病などがあります)
糖尿病は血液中のグルコース(ブドウ糖)の濃度が高くなる病気です。自覚症状はあまりありません。怖いのは上記の合併症を引き起こすことです。

1型糖尿病はインスリンを分泌する細胞が壊れてしまっていて、インスリン注射が必要となる糖尿病で、小児期に発症することが多いそうです。2型糖尿病は成人になってから発症する糖尿病で、過食や運動不足を原因とする場合がほとんとです。約9割が2型糖尿病であるといわれています。

血糖値が高くなった時は、インスリンという膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンによって上昇するのを抑制します。インスリンは2つの作用を持っており、1つは、上昇した血糖値を筋肉や脂肪細胞に取り込ませる作用です。もう1つは肝臓からのグルコース(ブドウ糖)の分泌を抑制します。このグルコース(ブドウ糖)の分泌を抑制する作用が、血糖値を下げる働きとなっているのです。

ところが、糖尿病の方は、このインスリンが正常に作用していないことが考えられます。インスリンの分泌が少ない「インスリン分泌不全」、インスリンの作用自体が低下してしまっている「インスリン抵抗性」です。

糖尿病になると、経口薬やインスリン注射などで血糖値を抑制しながら、食事に気を使い、適度に運動を取り入れて改善を試みていくのが一般的な治療のやり方のようです。


心疾患(心筋梗塞と狭心症)について

心臓病による死因の大半を占めるのが心筋梗塞と狭心症で、いずれも動脈硬化が主な原因です。動脈硬化により血液の流れが悪くなると、必要な分の酸素や栄養が届かなくなります。

冠動脈(心臓の周りを走行している血管)は心臓の筋肉に酸素と栄養を与える動脈で、この冠動脈が狭窄することにより、狭心症や心筋梗塞が引き起こされます。

動脈硬化は、いずれも高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満などが関わっており、日頃の生活から意識して注意し、未然に予防することがもっとも重要です。

⇒ 高血圧や高脂血症について