HOME ⇒ メタボについて

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪症候群と言われ、

腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上で且つ、「高血糖」・「高血圧」・「高脂血症」のうち2つ以上に該当した状態をいいます。

メタボリックの予備軍は、腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上で且つ、高血糖・高血圧・高脂血症のうち1つに該当する状態をいいます。


メタボの人ってどれくらいいるの?

厚生労働省の発表の2008年の国民健康・栄養調査の結果によると

メタボリックの該当者が約960万人、予備軍は約980万人と発表されています。

40~74歳については、男性で約2人に1人、女性で約5人に1人がメタボの該当者、もしくは予備軍と考えられています。


世界におけるメタボの状況

世界保健機関(WHO)が一部ですが、2005年に世界のBMIを発表しています。(☆ 成人男性のみ)
以下の表は、BMIが30以上の肥満の割合を表しています。

※ BMI(ボディマス指数)・・・体重(kg) ÷ 身長(m) × 身長(m)
BMIが22になる体重が理想体重と言われています。

日本中国イギリスアメリカオーストラリア
3.1%2.9%22.1%30.5%16.4%

■ WHOによると、60億人の世界人口のうち、16億人が過体重で、4億人以上が肥満
■ 欧州連合(EU)によると、5歳以下の子供のうち2,200万人以上が太り過ぎ
■ 2015年までに23億人が過体重になり、7億人以上が肥満になると予測される
とコメントされています。


増え続ける医療費

以下の図を見ても分かるように、国が支出している医療費は年を重ねるごとに増えています。