HOME ⇒ 栄養素について ⇒ ビタミンの作用(その他)

ナイアシン

ナイアシンは、糖質・脂質の代謝に働くほか、皮膚や粘膜を健全な状態にし、血行を促進する働きがあります。またその他では、二日酔いを防ぐ働きがあったり、消化器系を健全な状態に守る働きがあります。

お酒をよく飲む人や冷え性の人は積極的に摂取することをお奨めします。


パントテン酸

パントテン酸は、糖質・脂質・タンパク質の代謝に働きます。また、副腎の働きを強化して副腎皮質ホルモンの産出を促し、ストレスや疲労をとってくれます。さらに、免疫力を高めてくれます。

体内でも腸内細菌から合成されます。


葉酸

葉酸はビタミンB9ですが、そう呼ばれることはほとんどありません。ホウレン草などの緑葉野菜に多く含まれており、最近では、抗がん剤への応用が注目されています。

葉酸は乳製品や魚介類、果物や穀物、そして野菜などほとんどの食べ物に含まれています。