ビタミンDの役割 はたらき

HOME ⇒ 栄養素について ⇒ ビタミンD

ビタミンDの役割

水溶性のビタミンで、カルシウムやリンの働きを助け、骨や歯を丈夫にし、血液中のカルシウム濃度を一定に保ち、カルシウムの腎臓での再吸収を助けるなどの働きをします。

コレステロールを材料に紫外線によって皮膚でも合成されています。


ビタミンDの摂取量

1日あたりの摂取量の目安は、
男性女性
2.5μg2.5μg


ビタミンDが不足すると

骨折しやすくなったり、骨粗鬆症になったり、精神不安定になったりします。


ビタミンDを多く含む食べ物

サケ、マス、サンマなどの魚類、しいたけなどのキノコ類、牛乳やチーズなどの乳製品にも多く含まれています。