HOME ⇒ 栄養素について ⇒ ビタミンB12

ビタミンB12の役割

赤血球を作るために必要で、貧血の予防や改善に効果的なビタミンです。

ビタミンB12は、神経細胞の中にあるDNAの主成分である核酸やタンパク質、脂質の合成や修復を行うことで、神経の安定や、集中力の向上に資する働きがあることが報告されています。


ビタミンB12の摂取量

1日あたりの摂取量の目安は、
男性女性
2.4mg2.4mg


ビタミンB12が不足すると

ビタミンB12の欠乏症になると、物忘れをしやすくなったり、末梢神経のしびれ、痛みなどを生じます。


ビタミンB12を多く含む食べ物

レバー・腎臓・赤身肉など動物性食品に多く含まれています。
また、カキやあさりなどの貝類にも多く含まれています。