HOME ⇒ 栄養素について ⇒ ビタミンB1

ビタミンB1の役割

ビタミンB1は水溶性のビタミンで、糖質を分解してエネルギーにかえるために必要なビタミンです。
糖質は体を動かすエネルギー源であり、体を動かしたり、脳の神経細胞の働きを正常に保つ、精神状態を安定させたりする重要な栄養素です。別名でチアミン、アノイリンとも呼ばれます。


ビタミンB1の摂取量

<1日あたりの推奨量>
男性女性
18~29歳1.4mg1.1mg
30~49歳1.4mg1.1mg
50~69歳1.3mg1.1mg
70歳以上1.2mg0.9mg
(日本人の食事摂取基準2010年版より抜粋)


ビタミンB1が不足すると

糖質の分解がうまくいかず、乳酸などの疲労物質がたまり、疲れやすくなったり、集中力が続かなくなったりします。

その他、不足状態が続くと、むくみ、脚気、食欲減退、心筋梗塞になると言われています。


ビタミンB1を過剰に摂取すると

ビタミンB1は水溶性で、尿と共に排泄されるので、過剰摂取の心配はありません。


ビタミンB1を多く含む食べ物

玄米食、豚肉、そば、大豆、レバー、鶏卵など。

<ビタミンB1を多く含む食べ物> 100gあたりの含有量
小麦胚芽 1.82mg ほしのり 1.21mg
豚モモ肉(赤肉) 1.01mg 豚ヒレ肉(赤肉) 1.21mg
(「日本食品標準成分表2010」より抜粋)