HOME ⇒ 栄養素について ⇒ ビタミンA

ビタミンAの役割

ビタミンAは脂溶性で水には溶けず、血液中では、色々なタンパク質に結合して存在しています。

皮膚や粘膜を正常に保ち、丈夫にするとともに、病気への抵抗力をつける、免疫機能を維持するなどと働きます。レバーなどに含まれているレチノールと呼ばれるものと、緑黄色野菜などに含まれているカロテンとの2つに分けられます。レチノールは体内でそのままビタミンAとして吸収され、カロテンは体内に入るとビタミンAとして働きます。レチノールは過剰に摂取すると問題がありますが、β-カロテンは多量にとっても問題はありません。


ビタミンAの摂取量

<1日あたりの推奨量>
男性女性
18~29歳850μg650μg
30~49歳850μg700μg
50~69歳850μg700μg
70歳以上800μg650μg
(日本人の食事摂取基準2010年版より抜粋)


ビタミンAが不足すると

目が乾燥したり、夜盲症(夜に暗いところで見えにくくなる)、肌荒れ、風邪などをひきやすくなります。


ビタミンAを過剰に摂取すると

ビタミンAを摂り過ぎると、頭痛、嘔吐、脂肪肝などの症状が起きます。


ビタミンAを多く含む食べ物

ビタミンAは動物性食品に多く含まれていて、肝臓に蓄積されます。
牛や豚、鳥などのレバー、うなぎや鶏卵などに多く含まれています。

<ビタミンAを多く含む食べ物> 100gあたりの含有量
しそ 880μg とうがらし(乾燥) 1500μg
にんじん(ゆで) 740μg モロヘイヤ 840μg
ほしのり 3300μg 焼きのり 2700μg
味付けのり 2300μg いわのり 2300μg
あゆの内臓(焼き) 6000μg あんこうのきも 8300μg
うなぎのきも 4300μg うなぎの蒲焼 1500μg
ほたるイカ(ゆで) 1900μg レバー(豚) 2800μg
レバーペースト(豚) 4300μg 卵黄 480μg
パセリ 2300μg
(「日本食品標準成分表2010」より抜粋)