HOME ⇒ 栄養素について ⇒ 消化について

消化について

消化とは食物を分解し吸収しやすくすることで、人の体を作り、体を動かすためには酸素とともに様々な栄養分を取り込む必要があります。

消化管は口から肛門までの1本の管でできており、その長さは9mにも及びます。


消化のながれ

食事の際には、まず口から通常摂取しますが、口腔(口の中の空間)には、歯や唾液腺などの消化の前処理をする器官が備わっています。

前処理を受けた飲食物は食道を通り、胃に流れます。胃では塩酸を含む強力な消化液が分泌され、摂取した食物を攪拌し、胃で吸収すべき栄養分を吸収します。

そして、胃でドロドロ状態になった食べ物は十二指腸に移されます。十二指腸では、消化のための後処理と栄養分を吸収する働きがあります。

十二指腸で吸収されない栄養分は、次に小腸に移ります。小腸では本格的に吸収が行われ、水分と水分に溶けた栄養分が取り込まれます。

そして、栄養分の大部分は小腸により吸収されますが、残った分は大腸に送られます。大腸では主に水分が吸収され、便を形成して、肛門まで流れていきます。

一連の流れで吸収された水分と栄養分は、腸から血管へ移動し、水分は腎臓でろ過されて尿となって排出されます。