HOME ⇒ 栄養素について ⇒ 脂質

脂質とは

一般的に「脂肪」という言葉が使われますが、両者を厳格に区別する定義はないので、
ここでは脂質という言葉で話を進めていきます。

脂質とは、3大栄養素の1つで、水に溶けず、生体を構成する重要な成分です。
有機溶媒(エーテル、ベンゼンなど)に可溶の有機化合物の総称を脂質と呼んでいます。

脂質は、「単純脂質」、「複合脂質」、「誘導脂質」 に大きく分類されます。
よく聞く言葉で、中性脂肪や脂肪酸、コレステロールは脂質の1種になります。


脂質の分類

「単純脂質」 の種類には中性脂肪(脂肪酸+グリセリン)と ろう(脂肪酸+高級アルコール)があり、アルコールとしてグリセリンをもつもので、総称して「アシルグリセロール」または「グリセリド」と呼ばれます。

「複合脂質」 は、リン酸や糖などを含むものをいいます。
複合脂質の種類には、リン脂質と糖脂質があり、細胞膜の主要な構成要素であるほか、体内での情報伝達などにも関わっています。

「誘導脂質」 は、単純脂質や複合脂質から、加水分解によって誘導されたものをいいます。
コレステロールや胆汁酸、性ホルモンなどがあげられ、細胞膜、ホルモンなどの構成成分として、体内に広く分布しています。


脂肪酸について

脂肪酸は大きく分類すると、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。
不飽和脂肪酸はさらに一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類されます。

飽和脂肪酸飽和脂肪酸は動物の脂肪に多く含まれることから動物性脂肪とも呼ばれます。コレステロール濃度(善玉、悪玉)を上昇させ、現在の食生活においては摂取は制限するべきとされている。

牛肉・豚肉・鳥肉の肉類、牛乳、バター、ミルク、チーズなどの乳製品、パーム油、ラードなどに多く含まれています。
一価不飽和脂肪酸オリーブ油に多く含まれるオレイン酸が代表的です。LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らし、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を減らさないという作用があります。

オリーブオイルをはじめ、べに花油、キャノーラ油、ピーナッツやアーモンド、アボガドなどに含まれています。
多価不飽和脂肪酸《n-3系不飽和脂肪酸》
α-リノレン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)などが代表的で、中性脂肪(トリグリセリド)を減らす作用があります。特にα-リノレン酸は不足すると欠乏症が起こることから、必須脂肪酸といわれています。

魚類に多く含まれています。(⇒高脂血症を抑える食事を参照)
《n-6系不飽和脂肪酸》
リノール酸、アラキドン酸などが代表的で、コレステロール濃度を下げる作用があります。しかし、同時にHDLコレステロール(善玉コレステロール)も低下させてしまうので、注意が必要です。
リノール酸は体内で合成することができないため、必須脂肪酸といわれています。

ヒマワリ油、ダイズ油、コーン油などの植物油に多く含まれています。


脂質のはたらき

食事から摂取した脂質の内、おおよそすべてが分解されて、中性脂肪になります。
糖質と同じように、エネルギー源として使われます。使われなかった脂質は、皮下脂肪や内臓脂肪として貯蓄されていきます。

この余った脂質は、一部は筋肉内に中性脂肪として、残りは細胞内にごく少量として遊離脂肪酸として存在しています。

体内に蓄積された脂質の量は、フルマラソンを何回も走ることができる量になり、エネルギーの貯蔵庫となっているのです。


脂質を多く含む食べ物

お肉の脂身、バター、マーガリン、揚げ物の衣、ドレッシング など