HOME ⇒ 栄養素について ⇒ ナトリウム

ナトリウムの役割

ナトリウムは、体内の水分量をいつも適切な状態に調節したり、神経や筋肉を正常に動かすために働いています。食塩を摂取したことがない人はいないと思いますが、ナトリウムは食塩に多く含まれています。

また、体液の浸透圧を維持して、体液量を調整する働きをしています。

ナトリウムは骨に約40%含まれていて、それ以外は細胞内外に存在しています。食物から摂取したナトリウムは小腸で吸収され、尿や汗とともに排泄されます。


ナトリウムの摂取量

1日あたりの摂取量の目安は、
男性女性
600mg600mg

※食塩は1日に6g程度に抑えることが推奨されています。


ナトリウムが不足すると

低血圧になり、体がだるくなったり、朝起きれなかったり、吐き気などが起こりやすくなります。


ナトリウムを多く含む食べ物

梅干しやしょうゆ、味噌などの調味料や(食塩を使った)加工食品に多く含まれています。